posemaniacsで人物デッサンの練習をしたらいい感じだった

posemaniacsで人物デッサンの練習をしたらいい感じだった

皆さんは「posemaniacs」というサイトを知っていますか?

実はこのposemaniacs「ポーズマニアックス」以前から人気のあるサイトで、約20,000体の3D人体モデルの画像を完全無料で公開しているという、とてもステキなサイトなのです。
見た目が理科室においてある「あれ」なので、一見不気味かもしれませんが、人体の筋肉の構造などが分かりやすいので人物デッサンの練習にもってこいなのです。

今回はこのポーズマニアックのご紹介です!

約20,000体の圧倒的ポーズ数

約20,000体の圧倒的ポーズ数

先ほども言いましたが、ポーズマニアックスは人体モデルの画像が約20,000体ほど収録されています。その数にまず驚きなのですが、さすがに20,000体ともなると、日常ではまずみかけないポーズやオーバーリアクションがときどきあって面白いです。また、人体モデルも一つではなく男性、女性、子供、異常なマッチョとバラエティ豊かです。
思わず吹き出してしまいそうな面白い構図、ポーズ、模型に出会うのも楽しみな事のひとつですね。

画は自動的に切り変わります

画は自動的に切り変わります

ポーズマニアックは始めるとランダムにその人体モデルの画像が次々と出てきます。それを限られた時間の中でスケッチしていくという訳です。表情等細かいところをかくというより、全体の形を素早くおおざっぱにとらえる練習ですね。画が変わる秒数はスタート時に設定できるます。慣れないうちは「90秒」に設定してじっくり描く事をおすすめします。(というか、初めての人が短い秒数でやっても全然描けないと思いますし、練習にもならない事が多いのでここは見栄をはらず90秒でいきましょう!)

実際に人物デッサンを書いてみた

僕はの持論の一つに、「WEBデザイナーと言えど、デッサン力は必要」というのがあります。
絵は毎日書かないと腕が鈍ると言いますし、個人的にはイラストも似顔絵も描く機会も多いのでしっかりと腕を磨いておかなければ!!
ということで久しぶりに挑戦してみました。もちろん90秒設定です。

とりあえず10分強で6体書いてみました。最初の2体は慣れてないのもあり、見せるのも恥ずかしいので消去。後半4枚をご紹介します。

書いたデッサン

うーん。やはり久しぶりに描くと腕は衰えていますねorz(つーか、マッチョすごいよ。マッチョww)最近似顔絵ばかりで身体描いてなかったからなー…もっと普段から練習しないとっ。

※Posmaniacsでそれなりに描くポイント(独断と偏見)

  • 大きい紙に書く
    はみ出す心配がなく、(結構重要!)気持ちよく線が描けます。気持ちよく描いた方が絶対良い絵がかけます。
  • 筆圧が出るペンで書く
    とにかく90秒は形をとらえるには短いので、筆圧の出るペン(鉛筆)で勢いよく書いたほうが短時間でいい感じになると思います。
  • 手元を明るくする
    手元を明るくした方が線がなぜか安定します。だまされたと思って試してください。
  • 消しゴムを使う
    使わないに越したことはありませんが、慣れないうちは失敗した線にとらわれて結果上手くかけないということがあります。失敗したと思ったら迷わず消しましょう!

もっと色んなポーズに挑戦してみたいですね!昔大学受験などでデッサンしていたそこのあなた!久しぶりにposemaniacsで人物デッサンしてみませんか?

「メモメモ」と思ったことはSNSでシェアしよう!!
あわせてこちらの記事もどうぞ

コメントを残す