Facebook広告を出稿してみた〜驚くほど細かく設定できるターゲットとその結果〜

Facebook広告を出稿してみた〜驚くほど細かくできるターゲット設定とその結果〜

こんにちは。
facebookはご飯の写真ばっかりあげている井畑です。

Facebookの機能のひとつにFacebookページというものがあります。簡単に言うと、Facebook内に独自のウェブサイトを作れるというもので、色んな企業やブロガーさん達が活用しています。

もちろんクリエイティブメモメモにも、Facebookページがあります。(活用できてるかは別として…)おかげさまで「いいね」の数がだんだんと増えてきました;D

自分の初めたブログがこんな数まで増えるとは夢にも思っていませんでしたので、ほんとにありがたい事です。ブログを初めた当初、会社の後輩に強要していいねを押してもらってた。そんな頃が懐かしい…(遠い目)

今回はそんなfacebookページの広告についての記事です。facebook広告を出す機会をいただいたので、せっかくなので出してみました。
それではどうぞ!

※これは2012年9月25日のFacebook広告の設定になります。内容は変わる事がありますので、ご了承ください。
※Facebook広告の結果は、同じように広告を出しても同じ効果を保証するものではありません。ご了承ください。

Facebookページの「いいね」が200を超えた時こんなメールがきました

9月某日。ジャスミンティーを飲んでいる僕の元にこんなメールが届きました。

ふむふむ、なるほど、どうやら「facebookのいいねが200を超えたので、さらにメモメモのファンを増やすべくfacebook広告出してみませんか?今なら3500円の無料クーポンつけまっせ!」との事。

これを見た僕は「ただより安いものは無い」の言葉を胸に、さっそく設定してみたのでした。

ググってみると、Facebook広告の無料クーポンをもらうタイミングは、どうやら一定ではないようです。いいねが「2000」でもらっている方もいれば、いいねが「50」でもらってる方もいるようでした。それにしても幅広すぎ…その辺どういった基準なのか謎です…

Facebook広告設定方法はこちら

Facebook広告の出し方等は同じようにクーポンをもらった方がいらっしゃったので、その方の記事を参考に出してみました。設定はそちらの記事を参考にしてください。

Facebook広告設定して思った事

Facebook広告を設定してみて思った事を書いてみました。

ターゲットの設定を驚くほど細かく設定できる!!

僕が一番注目したのは、広告を出すユーザーをものすごく細かく設定できるという点です。以下の画面から設定していくのですが、ほんとに細かくてびっくりしました。

ターゲット設定ページ

年齢(13~64or上限なし、年齢は1歳ずつ変更可能)や、住んでいる都道府県や市町村性別はもちろん…

好きな活動や…

新婚さんなのか、一人暮らしなのか、小さい子供がいるかなどの家族構成や…

なんともうすぐ誕生日の人引っ越したばかりの人なんて設定もできます!!

さらに「ターゲットの詳細」で、 恋愛対象や、現在の交際状況(つき合ってるとか結婚してるとかぼっちとか)、学歴や勤務先まで…設定可能!!

これによって特定の大学または特定の科目を専攻している人をターゲットにする事も可能なようです。(使い道が有るかどうかは別として)ここまでピンポイントで設定できるとは…すごさを通り越して、恐怖さえ感じます...恐るべしFacebook広告…!!

Facebook広告ターゲット一覧(2012年9月現在)

ちなみにどれだけ細かい設定ができるか見れるように、ターゲット設定の一覧を書き出してみました!すごい量ですーXD

【ターゲット項目一覧】
一部英語の部分があったの日本語に意訳してあります。

  • 場所
    • 都道府県
    • 市区町村
  • 年齢(13~64or上限なし、年齢は1歳ずつ変更可能)
  • 性別
    • すべて
    • 男性
    • 女性
  • キーワード
  • カテゴリ
    • 好きな活動
      • 料理
      • ダンス
      • DIY・手芸
      • イベントプランニング
      • フード・外食
      • ゲーム(ゲーム専用機)
      • ゲーム(ソーシャル/オンライン)
      • ガーデニング
      • 文学・読書
      • アウトドアエクササイズ
      • 写真アップロード
      • 写真
      • 旅行
    • ビジネス・技術
      • コンピュータプログラミング
      • ファイナンス
      • 不動産
      • 科学・テクノロジー
      • 中小企業
      • 技術初期導入者
    • Ethnic
      • ヒスパニック(米国)
    • イベント
      • 誕生日が1週間以内
      • 最近転居した
    • 家族構成
      • 家族から離れている
      • 出身地から離れている
      • ベビーブーム世代
      • 婚約中(1年未満)
      • 婚約中(6ヶ月未満)
      • 妊娠中
      • 新婚(1年未満)
      • 新婚(6ヶ月未満)
      • 子持ち
      • 子供あり(子供が0〜3歳)
      • 子供あり(子供が4〜12歳)
      • 子供あり(子供が13〜15歳)
      • 子供あり(子供が16〜19歳)
    • 趣味・関心
      • 自動車
      • ビール・ワイン・酒類
      • チャリティ・慈善
      • 教育
      • 娯楽(テレビ)
      • 環境
      • 健康
      • ホーム・ガーデン
      • ニュース
      • ペット(すべて)
      • ペット(猫)
      • ペット(犬)
      • ポップカルチャー
    • 携帯電話ユーザー(全般)
      • Mobile Users (全般)
      • Feature Phone Users
      • スマートフォン/タブレット利用者
    • 携帯電話ユーザー(Android)
      • Android(全般)
      • HTC
      • LG
      • モトローラ
      • サムソン
      • ソニー
      • Android(その他)
    • 携帯電話ユーザー(iOS)
      • iOS/Apple(全般)
      • iPad 1
      • iPad 2
      • iPad 3
      • iPhone 4
      • iPhone 4S
      • iPod Touch
    • 携帯電話ユーザー(Other OS)
      • RIM/ブラックベリー
      • Windows
    • 小売り・ショッピング
      • 美容用品
      • 家電・エレクトロニクス
      • ファッション
      • ラグジュアリー商品
    • スポーツ
      • スポーツ(全般)
      • 野球
      • バスケットボール
      • クリケット
      • エクストリームスポーツ
      • ファンタジースポーツ
      • アメフト
      • ゴルフ
      • アイスホッケー
      • レーシング・NASCAR
      • サッカー
      • テニス
  • つながり
    • すべて
    • クリエイティブメモメモとつながりのある人達のみ
    • クリエイティブメモメモとつながりのないユーザーのみ
    • 詳細つながりターゲット設定
  • つながりになっている人の友達
    • 友達が以下とつながりのある人をターゲットにする
  • 恋愛対象
    • すべて
    • 男性
    • 女性
  • 交際ステータス
    • すべて
    • 独身
    • 交際中
    • 既婚
    • 婚約中
    • 指定なし
  • 言語(言語を入力)
  • 学歴
    • すべて
    • 高校生
    • 大学生・専門学校生
    • 大卒
  • 勤務先(勤務先の名前を入力)

ターゲット設定のより詳しい情報は公式ページの解説を見ると分かりやすいと思いますので、ご参考ください。

ちなみにターゲットを設定していくと、その広告対象者がFacebook内にどれだけいるか、1クリックの推定料金等を右カラムにすぐに表示してくれます。リアルタイムに変わるのが分かりやすくて良いですねー:)

広告プレビューと広告対象者予想数と推奨入札価格

カテゴリの項目はand検索じゃない

かなり細かく設定できるFacebook広告のターゲット設定ですが、カテゴリ内はand検索では無く、or検索のようです。

つまり「誕生日が1週間以内」「家族から離れている」にチェックを入れても、「家族と離れて暮らしている誕生日がもうすぐの人」がターゲットになる訳ではなく、「誕生日が1週間以内」もしくは「家族から離れている」人がターゲットになります。

こんな形で広告出してみました

色々、悩んだ結果こんな設定で出してみました。目的はクリエイティブメモメモのいいね!を押してもらうこと。1日の広告料を7USD(日本円で約552円:2012/09/17)で入札価格を1.4UD(日本円で約110円:2012/09/17)、6日間(2012/09/12~2012/09/17)の出稿です。

んで、結果は?-Facebook広告結果-

気になる結果ですが…結論から言うと「いいね!」の数はかなり増えました!
以下が1日の広告料を(日本円で約552円:2012/09/17)で6日間(2012/09/12~2012/09/17)Facebook広告を出した結果です。

Facebook広告いいね!ゲット数、結果発表!!

広告を出した結果、6日間で計53いいね!でした。1日7ドル(日本円で約552円)ですので、約3312円で53いいね!押してもらったということになります。つまり、1いいね!約63円…( ・ё・)
この数字を高いか安いかどうみるかは人それぞれだと思いますが、僕は予想価格より1クリック単価が安かったせいもあり、結構安い金額でおされるなーという印象です。

1日7ドルという設定は毎日使いきっていたので、一日の広告費用を上げれば一日のいいねの数はもっと増えたと思います。広告が出るタイミングはFacebook側が調節しているようで、広告費用が少なくても午前中で使い切るという事は無く、1日にバランスよく広告がでていたと思います。(広告マネージャーを見る限りでは)

結果を見てその他気になった事

リーチ数がめっちゃのびた

広告を出しているのですから当たり前ですが、Facebook広告を出している間はオーガニックの数と比べ物にならないほど、リーチ数(皆さんのFacebookのページにクリエイティブメモメモの広告が出てる数)が伸びました。数字的には最大で1日2万弱まで伸びています。

気になるのは広告を止めた後のリーチ数です。広告がとまったのだからガクンとリーチ数も落ちるかと思えば、緩やかにさがっていきます。この辺の数値はどういう事なんですかねー?ちょっと謎です…

でも、実際にFacebookページを見てくれているかは別問題

ただ、実際にFacebookページを見てくれる人の数はほとんど伸びませんでした。広告でいいね!をおしてもらっても、そこからFacebookページを覗いてみるという流れは期待できないようです。まぁいいねをおしてもらってからが本当の集客の勝負!!ですかね?(当ブログでは何にもフォローしておりませんが…)

以上でFacebook広告レポートを終わります。なかなか貴重な体験でした!

注意:広告の出稿を止めないと無料クーポンが無くなっても広告が出続けます

Facebook広告で気をつけておかないといけないのが、無料クーポンだからといって、クーポン分の料金が終わったら勝手に広告が止まるわけでなく、ほうっておくと、いつまでも広告費がクレジットカードから引かれていってしまいます。無料クーポンをこれから使おうと思っている方がいらっしゃいましたらお気をつけください。

最後に

Facebook広告については、いいねが増えるだけで、本当の効果が無いなど色々言われたりしていますが、僕は使い方によっては有効な集客になるなーと感じました。(もちろん魅力的なコンテンツは前提条件ですが)

今回はいいね!を押してもらうように広告を出しましたが、サイト内のページへの誘導のできるので、今回と同じくらいの単価をだと仮定すると、Googleのアドワーズと比べてもちょっと安いくらいかな?と思います。

貴重な体験ができましたー。また機会があったら出してみたいですね。
以上井畑でした!!

「メモメモ」と思ったことはSNSでシェアしよう!!
あわせてこちらの記事もどうぞ

コメントを残す